まもめも

主に素数大富豪に関することを書いていきます

HNP杯本戦 マモ 対 OTTY

HNP杯本選の、OTTYさんとの自戦記になります。

 

1戦目
先手:マモ
初期手札 A23555678JX

 

絵札が2枚では不安なためドローしたところQを引きます。
57が出せるので5枚→5枚戦法を考えることに。
XをJとしたA3JQJだと残りが2,5,5,6,8と偶数だけになり、
XをQとしたA2QQJだと残りが8,6,5,5,3で3の倍数になってしまう。
とりあえずグロタンカットをしてもう少し考えます。


マ:57


考えた結果、586A3を出せば、残りが2,5,J,Q,Xなので
XをAとすれば弱いけど5A2QJは出せると思い、586A3を出すことにします。


マ:57

O:KKQTX(X=J)


滅茶苦茶強い数で返されてしまいました。
ただOTTYさんはドローして残り7枚になっているので、まだ可能性はあります。
OTTYさんが次に全出しして失敗してくれればそのまま上がれますが、
1枚ドローして7枚出しされた時のことを考えドロー、4を引きます。

 

ここであることに気づきます。
あれ?パスのボタンがない!
普段ボタンがあるらしきところを押しますが何も反応しません。

 

 

 

・・・ま、いっか。どうせ時間切れになれば強制パスになりますもんね。
ということで、そのまま続けることにします。

 

マ:時間切れ

O:7126123 (勝利)

 

7枚出しを出会われ上がられてしまいました。まあ、仕方ないですね。

 

2戦目
先手:OTTY
初期手札:A34567889QX

 

O:81210111324591011(ペナルティ)


全出しされて大量に手札を補充されてしまいました。
何か強い手を思いつかなければこちらも全出ししなければなりません。
ドローしたところKを引きます。
ここで、Xを2としてKQ=2^5×4Aが出せることに気づきます。
KQなら手札全出しした相手にも返されない可能性があるのですが、
しかし残りの3,6,7,8,8,9で組める素数が思い出せません。
とりあえず時間ギリギリまで考えることにします。

 

マ:KQ=X^5×4A(X=2)

O:パス

 

KKはなかったようです。しかし3,6,7,8,8,9の組み合わせが思い出せません。
ギリギリまで考え、思い出せなかったので適当に出そうとしますが、出せずに時間切れ

 

マ:時間切れ

O:6529

 

OTTYさん4枚出し。overKJQJだと思われるので、手札を補充します。

 

マ:9888=3×67(ペナルティ)

 

現在手札:2233467788899T

 

O:4TTJ

 

絵札が足りないのでパスします(パスボタンが出ないので時間切れまで待ちます)

 

マ:時間切れ

O:KQQJ=3×587×745A

 

もう決めにかかってますね。
絵札が足りないのでパスします(パスボタンが出ないので時間切れまで待ちます)

 

マ:時間切れ

O:910121111(勝利)

 

3,6,7,8,8,9の組み合わせが思い出せなかったのが敗因ですね。

やはり6枚出しは海・・・

 

 

HNP杯予選 プレーオフ戦

HNP杯予選の、nishimuraさんとOTTYさんとのプレーオフの自戦記になります。
このプレーオフは1セット先取で、差がつくまで行います。


VS nishimuraさん1戦目
先手:nishimura
初期手札 A3344599TTK

 

先手を取られてしまい、こちらの手札もそんなに強くない。
待っている間、93KTTA3→5449が出せるなーと考えてていたところ

 

n:57
n:987QQ6A2J

 

nishimuraさん、グロタンカットからの9枚出し。
ドローしたところKを引く。
しかしこれを返せる9枚出しは知らないので、出会いを求めて適当に出します。

 

マ:99KKTT453(ペナルティ)

n:89(勝利)

 

9枚出しを返すことができず、負けてしまいました。

 

VS OTTYさん1戦目
先手:マモ
初期手札 A445579TQKX

 

先手番が取れ、手札もジョーカーを含め絵札4枚と悪くない。
グロタンカットからの5枚→5枚で行けるかなーと思いドローしたところ5を引く。
A,4,4,5,5,9を3の倍数にならないようにするためには
5か9をT,Q,K,Xと組み合わせる必要があるけど、その組み合わせが思いつかない。
とりあえず1枚で出せる5を残し、A,4,4,5,9で出せる5枚出しを出します。

 

マ:57

マ:9544A

O:9784K

 

(9784xは4つ子でKもつけることができる)
OTTYさん返してくるが、強くはない。
ドローしたところ、なんとJを引く!
これでKKQTJ→5が出せます。

 

マ:KXQTJ(X=K)

O:パス

マ:5(勝利)

 

ドロー運に恵まれ、勝利することができました。
1巡して差がつかなかったため、2巡目突入となりました。


VS nishimuraさん2戦目
先手:nishimura
初期手札 22456778TQK

 

またも先手を取られてしまう。
待っている間、876QTK→57→2×2=4が出せるなーと考えていたところ

 

n:9134(ペナルティ)

 

全出しではない4枚のペナルティ。

nishimuraさんの手札が増えたことにより、876QTKでは返される可能性が高いため、
6枚→6枚でいこうと思いドローしたところTを引く。
67QTTKが素数なのは思いついたけど、残りの2,2,4,5,7,8で組める素数を知らないので、
出会いにかけることに。

 

マ:224587(ペナルティ)

 

残念ながら出会えず。

現在手札:2223345567778TTTQK

 

n:94=2×47

 

2枚出しで来ました。
こちらはKQすら出せないので、カマトトするしかありません。

 

マ:KQ=222334556×7778TTTQ(ペナルティ)

n:KK=TA×A3

 

KKを出されてしまいました。2枚出しでこれ以上の数はないのでパスするしかありません。

 

マ:パス

n:KQJJJ(勝利)

 

9134のペナルティの時に、絵札をたくさん持っているのを隠すためだと推察できていれば、6枚出しではなく全出ししてより多くの札を手に入れることが出来たので、
94の時にKKで返せてたかもしれません。

 

VS OTTYさん2戦目
先手:マモ
初期手札 A234455678Q

 

先手をとれたものの、絵札が1枚しかないので、ドローしたところTを引く。
876QTA3が出せると考えるものの、残りが2,4,4,5,5で偶数しかない。
残り時間も少ないのでドローにかけて876QTA3を出します。

 

マ:876QTA3

O:パス

 

OTTYさんパス。
ここで奇数を求めてドロー。3の倍数にならない3か9を引きたいところ。

運命のドロー



Aでした。

 

マ:A24455(ペナルティ)

現在手札:A222444556TX

 

O:57

O:88633296TQK

 

11枚出しに出会われてしまいました。
絵札が3枚に対し、こちらは2枚しかないのでドローします。
ドローしたところ・・・Jを引きました!



頭が8に対し、8も9も持っていないので絵札をドローしても返せませんでした。

 

マ:パス

O:K(勝利)


先手で上手く組み切れませんでした。実力不足ですね。
とりあえず予選は終わりましたので、あとは本選が始まるのを待ちたいと思います。

 

HNP杯予選 マモ vs tatyam

HNP杯予選のtatyamさんとの対戦記録です。

 

1戦目
先手:tatyam
初期手札:244455569TJ

 

4と5が3枚ずつで絵札が2枚で偶数多めと、手札がかなり辛い。

 

t:8422A

 

tatyamさん、出会いで5枚出し。こちらは手札が弱いので迷わずカマトト。

 

マ:689TJ=244×4555(ペナルティ)

現在手札:2334445556788899TTJJQKKX

 

t:KKQTX(X=J)

 

5枚出しで2番目に強い素数を出してきました。
しかしこちらは先ほどのカマトトで手にした絵札で、5枚出し最強素数のKKQKJで返します。

 

マ:KKQXJ(X=K)

t:パス

 

ドローしたところ3を引く。tatyamさんは手札3枚なのでとりあえず9枚出しで手番をキープ。

 

マ:562347859

(5623478x9はxに2,3,5,6,8,9,Qが入る七方美人素数)

残り手札:33445889TTJQ

 

t:パス

 

QTTJにつく数を考えたところ、85QTTJを思い出す。しかも残りで983443(キューバシジミ)が
出せることに気づきます。(98344xは四つ子素数)

 

マ:983443

t:パス

マ:85QTTJ(勝利)

 

きれいに組み切って勝つことができました。

 


2戦目
先手:tatyam
初期手札:A668TTTJJKX

 

ジョーカーを含めると絵札が7枚とものすごく強い手札。

 

t:2468Q9

 

tatyamさん、1枚ドローしての6枚出し。
6枚12桁で返したいところだけど、KTTTJJが素数だった気がするけどいまいち自信がない。
ジョーカーを使って別の6枚12桁なら組める気はするけど、残りのA,6,6,8にT,J,Kのどれかをつけた素数を組める気がしない。

よく考えたら、tatyamさんは初手で絵札1枚使っているので、残りの手札に絵札が4枚も5枚もないだろうと思い、JTTJの頭につく数を考えたところ、86JTTJが出せることに気づき、残りがA,6,T,K,Xなので、4枚7桁をバラした数が出せそうだったため、86JTTJを出す。

 

マ:86JTTJ

t:パス

 

絵札を4枚以上持っていなかったようで、パスしてくれました。
6TQKが素数なので、バラして出します。

 

マ:6TAXK(X=2)(勝利)

 

6枚12桁を自信をもって出せるようにしたいと思いました。
これで予選終了・・・と思いきや、nshimuraさんとOTTYさんと私の3人が同率のため、プレーオフ戦があるようです。

HNP杯予選 マモ vs OTTY

HNP杯予選のOTTYさんとの対戦記録です。

 

1戦目
先手:OTTY
初期手札:A2367899JKX

 

先手なら3枚→KKJ→5枚で組めそうな手札。

 

O:81210441051011(ペナルティ)

 

OTTYさん、812104410数を出すが失敗。

手番が回ってきたので、KKJを軸に考え、673→KKJ→98A29で組めたのでとりあえず673を出して様子を見る。

 

マ:673

O:121212=981076105101011×344335111312(ペナルティ)

 

カマトトで全山札を回収されてしまいました。さっきの3枚出しはあまりいい手ではなかったかもしれません。
このままKKJを出してもKKQで返されるので、全出しして出会いにかけるしかない。
なぜか意味もなくドローをして6を引く。

 

マ:A26899JKX(X=1)(ペナルティ)

 

残念ながら出会えず。ここから長く辛い時間が始まります。

 

O:32327

 

5枚出し。返す意味がないので即パス。

 

マ:パス

O:46643

 

とりあえずさっきの5枚が欲しいのでカマトト。

 

マ:7899J=6×3(ペナルティ)

現在手札:A222333677899JKX

 

O:8QT89

 

OTTYさんここで絵札を放出。ここはカマトトせず普通にパスを選択。

 

マ:パス

O:5T6A9

 

またも5枚出し。
さっきの絵札を手に入れるためカマトト。

 

マ:989JK=3×3

O:JQQQJ

 

なんか決めにかかってきてますね。
絵札が4枚しかないのでドローしてTを引く。
というか、本来ならさっきのカマトトで手に入れてるはずの札ですね。危ない危ない。
KKQTJを出してもKKQKJで返されますが、残り札で組み切れていない可能性もあるので、ここでKKQTJを出してOTTYさんにKKQKJを出させることに。

 

マ:KXQTJ(X=K)

O:KKXKJ(X=Q)

マ:パス

O:57

O:57

 

OTTYさんの手札が少しずつ少なくなっていきドキドキします。

 

O:88554410121019(ペナルティ)

 

88554410数を出すが出会えず失敗。

ようやく手番が回ってきました。絵札が1枚もないので、Aは残らないけどチャンスを求めて革命することに。

 

マ:A729

現在手札:223333446667889

 

O:1112=121212*1210(ペナルティ)

 

再び手番が回ってきてドローしたところ7を引く。
何も思いつかなかったので、全出しすることに。ただ全出しだと3の倍数になってしまうので7を1枚残す。

 

マ:223333446667889

 

なんと素数でした!15枚出しです。

 

O:121155545678489(ペナルティ)

 

OTTYさんも対抗するが出会えず。

 

マ:7(勝利)

 

15枚出しで出会い、なんとか勝つことができました。

 

 

2戦目
先手:OTTY
初期手札:255799TJKKK

 

再び後手となってしまったけど、絵札が5枚もありいい感じ。

 

O:81210441081113

 

OTTYさん、812104410数を出すが失敗。
あれ?これさっきと同じ流れ・・・

手番が回ってきてドローしたところ、8を引く。
57→5枚→5枚と出したいけど、2,5,8,9,9は3の倍数だしT,J,K,K,Kで5枚10桁は作れない。
じゃあ6枚→6枚は?といっても、T,J,K,K,Kにつけれる素数を知らない。
とりあえず時間稼ぎでグロタンカットをする。

 

マ:57

 

ドローしたところ、9を引く。組み切れず時間が無くなってきたので、とりあえず3枚出しで様子を見る。

 

O:4410=5*2*4410*987881111236121111(ペナルティ)

 

OTTYさん、カマトトで全山札を回収。なんか、本当にさっきと同じ流れです。
どうしようもないので出会いにかけて全出しすることに。

 

マ:299TJKKK(ペナルティ)

 

残念。出会えませんでした。

現在手札:258999TJKKK

 

O:A729

 

OTTYさん革命を出す。こちらはKが3枚あってAが1枚もないので辛いところ。

 

マ:パス

O:QQQJ

 

とりあえず手札を増やしたいのでカマトト。

 

マ:JT99=2×5(ペナルティ)

O:T8T7

 

とりあえず普通に返すことに。

 

マ:8527

O:4663

 

さすがに返されてしまう。手札が少なく不安なので、カマトトして増やす。

 

マ:2999=9TJ*KKKQ(ペナルティ)

現在手札:29999TJJQQQKKK

 

O:8QTJ

 

手札が弱すぎるので全山札を回収します。

 

マ:2999=9TJJ×TQQQKKK(ペナルティ)

現在手札:223456677889999TTTJJQQQKKK

 

O:8663

 

Aを出すのを期待して小さめの数を出します。

 

マ:3467

O:2447

 

Aを使わずに返されてしまいました。とりあえずドローしたところ8を引く。
22で始まる4枚がないか必死で考え、何とか思い出す。

 

マ:2287

O:A423

 

やっとAを出してくれました。

 

マ:パス

O:AJK

 

こんなところでAを使うのは嫌な予感しかしませんが、今はカマトトしてA729を揃え、
手番を渡してはいけないというプレッシャーを与えるしかありません。

 

マ:568=89999TTT*JJQQQQKKK(ペナルティ)

O:AXA(X=0)

 

決めにかかってきました。

 

マ:パス

O:57

O:57

O:53(勝利)

 

2287を出すのが遅すぎましたね。T8T7の後にも2287は持っていたので、この時に出していれば状況は変わっていたかもしれません。

 


3戦目
先手:マモ
初期手札:AA3347899TJ

 

先手が取れました。手札は絵札が2枚しかありませんが、Aと3があるので、KTJの頭に3枚つけた6枚9桁で出せるのがないか考えたところ、873KTJが出せ、残りも994Aで素数になるため、873A3TJを出すことに。
(ここ本当は9JTA3A3→7489の方がちょっとだけ良いです)

 

マ:873A3TJ

 

絵札の数は少ないので返されないかドキドキします。

 

O:時間切れ

 

なんと時間切れ。

 

マ:994A(勝利)

 

先手で初期手札を組み切り勝つことができました。
次は予選最後の対戦で、tatyamさんとの対戦になります。

HNP杯予選 マモ vs ななみ

HNP杯予選のななみさんとの対戦記録です。

 

1戦目
先手:ななみ
初期手札:A33456778TQ

絵札が2枚しかなく不安。

837QTA3と6547が出せるなーと考えていたところ


な:5623


5623は出会いとのこと。HNP!

6547を返された時のことを考えると、さすがに6547は出せないと思い、カマトトで手札を増やすことに。


マ:6778=TQ×A3345(ペナルティ)


現在手札:A2233445667788TTJQQQQK

絵札の数は悪くないけど、Qが4枚あるのがネック。


な:時間切れ


とりあえず絵札を温存し、9枚9桁を出す。


マ:4368425A7


4368x25A7はx=1,2,4,5,7,8,Tを入れて素数になる7方美人素数です。


な:811865114131(ペナルティ)


手番は回ってきたがQの処理に困りドローしたところJを引く。
組み切れていないが時間もないので5枚出しをする。


マ:87623


残り手札:TTJJQQQK


な:92587(ペナルティ)


手番が回ってきたものの組み切れなず悩んでいたところ、QQTQTKとJQJに分けれると思いQQTQTKを出す。


マ:QQTQTK(ペナルティ)


あれ?と良く見るとQQTQTKは3の倍数。素数なのはTTQTQKでTとQが逆だったことに気付く。
現在手札:45699TTTJJQQQQK
流石に革命されるかな、と覚悟していたところ


な:A234689TJXK(X=Q)


革命ではなかったものの11枚出しをされる。
わからないので3の倍数ではない数を適当に出す。


マ:5TTTQQQQJJK(ペナルティ)


現在手札:A223344455667899TTTJJQQQQK


な:57

な:8J


ななみさん残り8枚。KKやKQの可能性もあるけど、こちらはKKは出せないのでKQで返す。


マ:KQ=2^5*4A

な:パス


Kを求めドローするけど8。
正確にカウントはしていないけど、ななみさんは絵札を5枚も持っていない感じがしたので、5枚出しに。


マ:46643

な:972AA(ペナルティ)


素数ではなかったんですが、A729が怖いので素数であって欲しかった。
6をドローし、まだ絵札5枚以下かなぁと疑問を持ちながら、なんとなく革命返し用に2,7,9を残しつつ再度5枚出し。


マ:88663


現在手札:25799TTTJJQQQ


な:K728A(ペナルティ)


5をドロー。色々考えているうちに、気付いたら時間切れに。


マ:時間切れ

な:A234X89TJXK(X=6,Q)


再度同じ11枚出しをされる。
7をドローし、わからないので3の倍数ではない数を適当に出す。


マ:99TTTJJQQQ7


11枚出しを見事出会ってしまう。HNP!


な:パス

マ:5527(勝利)


上手く組み切る事が出来ず、出会いでの勝利となりました。

 


2戦目
先手:ななみ
初期手札:23455789JKX

KKJが出せる手札。ただ後手なのでななみさんがどう出てくるか。


な:77626121(ペナルティ)


手番が回ってきたので、KKJを軸に3枚→3枚→5枚戦法をとる。


マ:557

な:773


ななみさんが自分の名前である773を出す。いい素数ですね。


マ:KXJ(X=K)

な:パス

マ:94823(勝利)


勝ちましたけど、見返してみるとKKJ→57→984253の方が良かったですね。

 

HNP杯、とりあえず1勝1敗となりました。

HNP杯予選 マモ vs nishimura

HNP杯予選のnishimuraさんとの対戦記録です。

 

1戦目
先手:nishimura
初期手札:A3366789JJX

絵札がジョーカーを含めて3枚と不安。

n:8644A

nishimuraさん残り手札7枚。こちらがカマトトするのを見込んで7枚で組んでいる可能性もあるけど、5枚→5枚→2枚だろうと判断し、絵札が足りないのでカマトトすることに。

マ:98766=A33×4JJ9(ペナルティ)

現在手札:AA2233334466677889TTJJKX

n:KQK

勝負手をかけてきたので、ここは当然KKJで返します。

マ:KXJ(X=K)

n:パス

7をドロー。nishimuraさんの手札が6枚なので、8枚出しで返します。

マ:9876432A

nishimuraさんが先ほど絵札を3枚消費しているので、5枚9桁でも勝負できるだろうと判断し、87623→7TQTJ→346A3で勝負!

n:QJQTX(X=K)

nishimuraさん、5枚10桁持ってました。Kを求めてドローしますが、引いたのは2。

マ:パス

n:985A(勝利)

 

 

2戦目
先手:マモ
初期手札:2345667889Q

絵札が1枚とひどい手札。ドローもAでどうしようもないので、グロタンカットで、次のドローに期待します。

マ:57

ドローするけど7。どうしようもないので全出しします。

マ:987643268QA(ペナルティ)

現在手札:AA22234466667889JQQKKX

n:時間切れ

なんか手番が回ってきました。が、上手く組み切れないのでとりあえず大き目の5枚出しで相手の絵札の消費を誘います。

マ:98663

n:4JQA3

7をドロー。
nishimuraさんの出し方が絵札を節約しているような感じがしたので、KQKQJではなくジョーカーを使いKKQKJで確実に手番を取り、その後革命することに。

マ:KKQXJ(X=K)

n:パス

マ;A729

n:パス

Tをドローで現在手札A2244668TQと、偶数ばかりのため全出し。

マ:2244668QTA(ペナルティ)

現在手札:AA2234445668889TTJQX

n:KTTQJ

やはり絵札を沢山持っていました。nishimuraさん残り5枚だけどAは温存しておきたいと思い、時間が無くなってきたのであせってあまり小さくない数を出してしまう。

マ:56659
(22669ぐらいの方が安全でした)

n:23579(ペナルティ)

偶数ばかりで厳しいなーと思いながら、とりあえずAを温存しつつ偶数4枚を使った小さめの5枚5桁を出します。

マ:44623

n:23556=13777*899(ペナルティ)

7をドロー。現在手札:AA247888TTJQX

42TQTJが出せると思い残り札を確認すると、ジョーカーを除いた残りがA,A,7,8,8,8で3の倍数なので、
42TQTJから出しA,A,8,8,8,Xで出会いに賭けることに。

マ:42TQTJ

n:987463

どうせ出すなら絶対返されないように、ジョーカーを0にして出すことに。

マ:AX888A(X=0)

何と素数でした!!大会初のHMPです。

n:A0A297(ペナルティ)

nishimuraさんAを2枚とジョーカーを持っていました。が、素数ではなかったようです。

マ:7(勝利)

上手く組み切れず、出会いでの勝利でした。

 

 

3戦目
先手:マモ
初期手札:A3446788JJK

最初88KKJJが出せると思ったけど、残りが4,4,6,7で3の倍数。とはいえ他の組み合わせはわからなかったのでドローしたところ2を引いたので、44267が出せると思い、最初に考えた通り88KA3JJを出す。

マ:88KA3JJ

n:963KTXJ(X=T)

返されてしまいました。nishimuraさんが全出し失敗するのを期待してドローしないことに。

マ:パス

n:9J

まさかの2枚出し。これに勝つにはTKかQKが必要ですが、手札はking mu。

マ:パス

n:457(勝利)


HNP杯、初戦黒星と、厳しいスタートとなってしまいました。